無料体験キャンペーン中

人気オンライン英会話
おすすめを厳選ピックアップ

子ども英会話教室に通わせる親が知っておくべき事と、やるべき事。教室の選び方やよくある疑問を詳しく解説

子ども英会話

東京オリンピックが開催される2020年に、小学校の英語教育改革が始まります。

従来の「読む」・「書く」に偏った内容から、コミュニケーション能力の育成をメインとしたより「実践的」な英語教育に変わっていきます。

このことを知り、「子供を英会話教室に通わせようか…」と思った方は決して少なくないでしょう。

ここでは、子ども英会話教室に通わせる親が知っておくべき事や、教室の選び方について触れていきたいと思います。

子ども英会話教室に通わせるメリット

英語を聞き取る力がつく

子供のうちから英会話教室に通わせることにより、英語を聞き取る力、つまり「英語耳」を養うことが出来ます。

日本語と英語では周波が違うため、周波が高い英語は「雑音」として処理されてしまいます。

そのため聞き取ることが難しいのですが、小さい子供には絶対音感があるため、雑音として処理されることなく英語を聞き取る力があります。

定期的に英語に触れ、これを養うことによってしっかりとリスニング力を身に着けることが出来るのです。

外国人に物怖じしなくなる

また、外国人と触れ合うことができるのも教室に通うメリットと言えます。

日本人の多くは、外国人を見るとどうしても構えてしまう人が多いですが、小さい頃から外国人とコミュニケーションを取っているとそれが当たり前になります。

将来実際に英語を使う相手は日本人でなく外国人なので、子供のうちから外国人に慣れておくことは、子供の将来において非常に大きなメリットになるでしょう。

親が知っておくべき事・やるべき事

長期的な目で成長を見守る

まず知っておくべき事は、通わせたからといって短期間で英語を話せるようにはならない、ということです。

もし自分がフランス語教室に50分のレッスンを週に1回通い続けたところで、1年でペラペラ話せるようになると思いますか?

それと同じで、子供たちにとっても初めて触れる言語を1年や2年で習得するのは至難の業です。

しかしながら、定期的に英語のシャワーを浴び、単語やフレーズをインプットしていくことで、着実に英語脳は鍛えられていきます。

やはり継続が何より大切です。

「うちの子、本当に力ついているの…?」と感じる時期がくるかもしれませんが、長期的な目で我が子を信じて見守ってあげて下さい。

家庭学習をサポートする

親が家庭学習をサポートしてあげるのも大事です。

前述した通り、短期間で英語を習得するのは非常に難しいですが、それでも年長さんで英検3級に合格するという子もいます。

「英語ができる子供」の背景には、必ずと言って良いほど家庭での親のサポートがあります。

英会話教室の宿題を一緒に見てあげたり、レッスンで習った単語やフレーズを復習させたり、サポートの仕方は様々ですが我が子の英語学習に熱心な親が多いです。

また、そこまでハイレベルなものを求めていない方でも、家庭で子供と一緒に英語に触れるということは非常に大切です。

なぜなら親が楽しい、面白いと思うものは子供も興味を持って取り組むことができるからです。

是非、子供の英語に興味を持ち、しっかり応援してあげて下さい。

入会前に体験レッスンを受ける

また、もう1つやるべき事があります。

それは、英会話教室の体験レッスンを一緒に受けるということです。

入会前の体験レッスンを実施している教室は多くあります。

実際にレッスンを受けてみることによって、レッスンの雰囲気や質、子供の様子などを見ることができます。

「話を聞いた時は良いと思ったけど、なんか違った」とか、「うん、ここなら楽しく続けてくれそう」などダイレクトに実感できることがたくさんあるはずです。

また、子供本人もいきなり本番よりは、「レッスンってこういう感じなんだ」と事前にある程度分かっておく方が、安心して始めることができるでしょう。

前述した教室の雰囲気を知ることも出来ますし、体験レッスンがあるのならまずは是非受けてみましょう。

子ども英会話教室の選び方


子ども英会話教室を選ぶ際のポイントを、いくつか紹介します。

毎回きちんと通えるかどうか

言語学習はやはり定期的に継続することが大切です。

他の習い事などで毎日忙しかったり、家から遠い場所に教室があるなど、通いづらいと続けたくても続けられなくなってしまいます。

親による送迎が必要なのであれば、親のスケジュールも時間に余裕を持たせておきたいですね。

無理なく通えるかは英語力を身に着けていく上で非常に大事なポイントになります。

自分と同じ考えの教室かどうか

一言で英会話教室と言っても、教室によってレッスンの進め方や考え方は様々です。

とにかく英語を好きになって欲しい、楽しさ重視の教室もあれば、確実に英語力を伸ばしましょうという熱心派の教室もあります。

将来世界で活躍できる人になって欲しいからしっかり力を身に着けて欲しい、と意気込んでいても、その教室が楽しさ重視だともしかしたら物足りなく感じてしまうかもしれません。

逆に、英語に苦手意識があるからまずはそれを克服したいという子に、しっかり力を伸ばしましょうと言ってもプレッシャーに感じてしまう可能性もあります。

自分が何を求めているのかを明確にし、それに合ったやり方の教室を選ぶととても効率的で、且つ子供も意欲的に通ってくれることでしょう。

教室規則とカリキュラム

定期的に通うことが大事とわかっていても、様々な理由でやむを得ず欠席になることが多い、またはスケジュールが不規則だという方には、振替ができる教室をおすすめします。

振替ができない教室もあるので、仕組みやルールはしっかりチェックしておきましょう。

また、英検にも挑戦したいから合格できるようにレッスンを受けたいという方も多いですが、これも教室によって英検レッスンを取り扱っている教室といない教室がありますので、注意したい点です。

入会してから「あれ?」とならないよう、受講できるレッスンやカリキュラムも入会前にきちんと確認しておきましょう。

教室の雰囲気

実際に訪れた時に、雰囲気が良いと感じられるかどうかも、非常に大事なポイントです。

これには講師の雰囲気も含まれます。

雰囲気が良いと楽しく通うことができますし、前向きに英語学習に取り組むこともできます。

また、講師間の人間関係の良し悪しでも雰囲気が変わってくるので、そのあたりも少しチェックしておくと良いかもしれません。

子ども英会話教室に関する、よくある疑問や不安


子ども英会話教室に関する、よくある疑問や不安をまとめて紹介します。

何歳くらいから通わせればいいの?

しっかりとレッスンを受けられる子もいれば、子供が小さすぎる場合ずっと大声で泣き続けたり、走り回ってレッスンがレッスンにならないという子もいます。

そのため一概に断定はできませんが、低年齢である方が英語力は身に付きやすいというのは確かです。

焦る必要はありませんが、5歳~8歳くらいのうちに英語に触れられると良いでしょう。

本当に効果はあるの?

英会話教室に通い続けていても、教室に来たり来なかったり、講師の話を聞いていなかったりと、定期的に英語に触れる意欲がなければ、正直効果は見込めません。

何度も言いますが、言語は継続が大切です。

そしてもちろん家庭での英語学習の有無や、前向きに取り組んでいるかそうでないかで感じる効果の大きさも全く違ってきます。

英語に触れる機会を大事に楽しんでいるのなら、効果は徐々に出てくるはずです。

月謝の相場はどのくらい?

子ども英会話教室の相場は、複数の生徒と一緒に行うグループレッスンの場合で7,000円~10,000円、個人で運営している教室だとだいたい5,000円~6,000円です。

マンツーマンレッスンの場合は、グループレッスン費用の約2倍と考えておくと良いです。

大手グループ7,000円~10,000円
個別レッスン14,000円~20,000円
個人グループ5,000円~6,000円
個別レッスン10,000円~14,000円

上記は、月4回(週1回×4週)・1レッスン50分の目安金額です。

送り迎えは大変?

たしかにそういう面もあるので、送迎を大変だと感じない場所にある教室を選ぶことをおすすめします。

例えば、自宅や勤務先から近い教室、またはレッスンが終わるのを待っている間に買い物ができるショッピングモール内にある教室など、無理なく送迎ができる教室を選ぶことも大切です。

オンライン英会話との違いは?どっちがいいの?

最近は、オンライン英会話も人気ですね。

低価格で、且つ場所を選ばず好きな時間に気軽に英語に触れることができる点が人気の理由でしょう。

ただ、フレキシブルであるがゆえに、何かと理由をつけてキャンセルや延期をしてしまいがちなので、親がしっかりとスケジュール管理する必要があります。

英会話教室だと強制力があり、確実に英語に触れることができますし、講師や仲間と交流が持て、それによりモチベーションを高く維持させやすいです。

しかし費用が高額だったり、通学や送迎の手間がかかったりという一面も。

どちらも長所短所があるので、子供に合った方を選ぶと良いでしょう。

まとめ

効率的に無理なく楽しく英語力を身に着けられるよう、目標や子供に求めているものを明確にした上で教室を選びましょう。

子供の英語学習を辛抱強く、笑顔で応援してあげてください。