【無料体験】オンライン英会話

全21社を徹底比較
おすすめオンライン英会話3選

続きをよむ

留学先での海外キャッシングにおすすめのクレジットカードと、ATMを利用する際の注意点

短期留学

留学で海外に長期間滞在する場合、どうしても現地通貨が現金で必要なケースがでてきます。

その際に便利なのが、クレジットカードでのキャッシングです。

海外初心者だとキャッシングを敬遠する人が多いですが、使い方次第では、国際キャッシュカードよりも手数料を安く抑えて現金を調達することができます。

今回は、海外キャッシングの仕組みと、留学におすすめのクレジットカード、ATMで海外キャッシングする際の注意点について紹介します。

海外で現地通貨を調達する方法

海外で現地通貨を調達する方法は、以下の3通りです。

  • 日本円を現地で両替する
  • クレジットカードでキャッシングする
  • 国際キャッシュカードで預金を引き出す

多額の日本円をハンドキャリー(手持ち)するのはリスクが高いので、クレジットカードでキャッシングするか、国際キャッシュカードを利用して預金を引き出す方法が一般的です。

クレジットカードでキャッシングする


クレジットカード対応のATMでキャッシングをすれば、現地通貨を引き出すことができます。

キャッシングは借入なので、後日返済する必要があります。

海外でキャッシングをした場合、以下の手数料が発生します。

  • 利息
  • ATM利用手数料

利息がかかるからとキャッシングを敬遠する人も多いですが、繰り上げ返済をすれば、利息をおさえて現金を調達することができます。

繰り上げ返済とは、期日よりも前倒しで返済をすることです。

海外でキャッシングした場合は1日ごとに利息がかかるので、早く返済するほど利息を抑えられます。

海外キャッシングにおすすめのクレジットカードはセディナカード

留学先でキャッシングする際におすすめのクレジットカードは、セディナカードです。

一般的にキャッシングの繰り上げ返済はカード会社への電話連絡が必要なのですが、セディナカードは電話不要でネットだけで繰り上げ返済が可能です。

キャッシング後に、ペイジーで即日返済すれば、利息をおさえる事ができます。

セディナカードACマスターカード楽天カード
利息(実質年率)
上限18.0%
利息(実質年率)
上限18.0%
利息(実質年率)
上限18.0%
ATM手数料
無料
ATM手数料
無料
ATM手数料
216円
繰り上げ返済
ネット可
繰り上げ返済
ネット可
繰り上げ返済
電話確認
返済方法
1回払い
返済方法
リボ払いのみ
返済方法
1回払い

留学先でキャッシングする際の注意点

海外ATMは暗証番号の桁数が異なる場合がある

国によって、ATMで入力できる暗証番号の桁数が異なる場合があります。

たとえば、フィリピン(セブ島)のATMでは、5桁まで入力できるようになっています。

そういった場合は、4桁まで入力したらENTERキーを押してください。先頭や末尾に0を入れる必要はありません。

暗証番号の入力を数回間違えると、ロックがかかってキャッシングできなくなるので、注意して入力するようにしてください。

レシートは必ず保管しておく

ATMでキャッシングしたら、レシートは必ず保管するようにしてください。

引出後、出てきたクレジットカードはすぐ抜く

現金を引き出したら、カードの取り忘れを防ぐために、出てきたクレジットカードはすぐに抜いてください。

また、一定時間カードを抜かないで放置しておくと、自動でカードがATMに飲み込まれる事があるので注意してください。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます