無料体験キャンペーン中

人気オンライン英会話
おすすめを厳選ピックアップ

グランドスタッフになるために必要な英語力。最低限必要な英会話レベルは?

ビジネス英語

こんにちは。

結婚を機に退職したのですが、私は以前グランドスタッフとして空港に勤務していました。

今回は、「グランドスタッフになるために必要な英語力についてコラムを書いてほしい」とご相談をいただいたので、元グランドスタッフの視点からお話しさせていただきます。

グランドスタッフの業務内容と英語

グランドスタッフは、空港内での接客業務を行う仕事です。

主に、座席確認や手荷物の受託などの搭乗手続きや、搭乗ゲートにて安全に搭乗客を飛行機へ案内する業務を行います。

「空の窓口」と言われる空港では、たとえ小さな地方空港だとしても、様々な国のお客様と接する機会が必ずあります。

どの国のお客様に対してでも接客時に役立つのが、やはり英語です。

グランドスタッフ採用では必ずしも英語面接があるわけではない

外資系の航空会社だと英語面接を行うところもあるようですが、そんなに多くはありません。

国際線を扱っているところでも国内の航空会社だと英語での面接はほぼありません。

英語に自信のない人は、

「あ~良かった。じゃあ別に英語力は必要ないんだ!」

と思うかもしれませんが、前述した通り面接では不要でも、現場では英語は必須です。

もし全く英語を話せなければ、座席を決めることもできませんし、搭乗開始時刻などのお客様にとって大切な情報を伝えることもできません。

ジェスチャーもコミュニケーションツールの一つですが、終始それだとグランドスタッフとしてあまりに不格好ですし、1分1秒を争う現場では時間がかかりすぎて、業務に支障をきたす恐れもあります。

やはり英語を使ってある程度コミュニケーションが取れる必要があります。

では、どのくらい英語ができればグランドスタッフとして問題ないのでしょうか。

グランドスタッフの実務で求められる英語力

当然高い英語力に越したことはないですが、日常会話レベル以上あると安心です。

ただ、チェックインカウンターでの接客においては、会話というよりもこちらから一方的に伝える事柄の方が多いです。

そのため、正直なところ、確認事項をそのまま英語で丸暗記して乗り切ることも可能ではあります。

しかし、飛行機に乗ることや搭乗手続きに慣れていない外国人客は多いので、もし何か質問された時に聞き取れないまたは答えられないようでは、結局自分が困ってしまいます。

カウンターで無事に接客を終えたとしても、何か問題が発生し、搭乗ゲートで出発間際に外国人客とコミュニケーションを取らなければならなくなる、というケースも珍しくありません。

やはり日常会話レベルはできていた方がベターです。

ただ、深くて難しい話をするということはほとんどないので、中学生レベルの英語ができればとりあえずは問題ないと言えます。

「~はお持ちですか?」「それは~にあります」というような基本的な英文を瞬時に作ることができるようになれば、ひとまずは安心して良いでしょう。

ただ、もちろんそれはゴールではないので、仕事をよりスムーズにこなせるようさらに上を目指して英語学習は続けて欲しいです。

英語力が高ければ高いほど接客の質が上がりますし、自分のスキルアップにも繋がります。

入社後に英語の研修はあるの?

日本語と併せて英語のアナウンス研修があります。

国際線では必ず英語のアナウンスをしますが、国内線でも外国人の搭乗客がいる場合には同じく英語でも行います。

そのため、正しい発音でスムーズにアナウンスできるよう研修があります。

これに合格しないと現場でアナウンスすることができません。

そして英語の研修というのはこれだけで、英会話の研修というものは一切ありません。

なのに現場に出ると、英語が必要な場面がいたるところに出てきます。

例えば空港内を歩いていると、お手洗いや飲食店などの「場所」を聞かれることが多々あります。

これは日本語でも英語でもよく聞かれる質問ですが、目的地への行き方や「~の隣」など場所を伝える練習は是非しておきましょう。

きちんと教えてあげないと、空港内で迷われた場合、最終的に出発時刻に間に合わないというようなハプニングにも繋がりかねないので、しっかりと練習しておいて欲しいです。

そのくらいの英会話なら自分はもうできるから大丈夫だわ、という人もいるかもしれませんが、業務上必要なのは英会話力だけではありません。

取り扱う専用端末や書類も英語表記のものが多いです。

特に国際線では、お客様が持って来られる予約表やパスポートなど視界に入るものほぼ全てが英語です。

確認すべき箇所は決まっているので単語は追々覚えていけば良いですが、多量の英文を見て拒否反応が出たりうんざりすることがないよう、英文を見ることにも事前に慣れておいた方が良いでしょう。

入社前にやっておきたい英語勉強方法

英語を勉強するなら是非入社前にしておきましょう。

入社後は毎日膨大な量の知識を頭に詰め込まなくてはならないため、英語の勉強をしたくてもそれに割く時間はほとんどありません。

勉強に使える時間がある学生のうちに是非英語に触れておきましょう。

TOEICの点数アップを目指す

まずはTOEICの勉強をおすすめします。

現場でTOEICのフレーズがそのまま出てくる機会はほとんどありませんが、リスニング力の向上や英文に慣れるという点で役立ちます。

そして何より、TOEICの点数は一定の英語力がある証明になるので、それが自分のステータスとなり自信に繋がっていきます。

目標としては、まずは550~600点を目指してみましょう。

短期留学をする

時間があれば、短期留学をして英語を話すことに少しでも慣れておくとより良いでしょう。

頭ではわかっていても、実際その時になるとなかなか口から英語が出てこないものです。

やはり音読や発話など声に出してみることはとても大切で、口の動きも英語に慣れさせておくべきでしょう。

特に留学は、実際に同じ空間で顔を見ながらネイティブと話すことができる、最適な方法です。

オンライン英会話を活用する

留学は費用が高額で難しいという人は、オンライン英会話でもOKです。

マンツーマンで気軽にネイティブと話せるため、新人グランドスタッフの間でも人気のある学習方法です。

とにかく、英語を話す時間を持つことが大事なので、是非積極的に活用し練習しておいて欲しいです。

まとめ

グランドスタッフの仕事をしていると、いつも世界を身近に感じることができます。

英語に触れる機会が多いからこそ、勉強を続けやすい環境とも言えます。

日本語でも同じですが、情報がお客様にきちんと伝わらなければご迷惑をお掛けしてしまったり、業務に支障が出てしまう可能性があります。

そうならないためにも、英語である程度のコミュニケーションが取れるよう、是非入社までにしっかりと練習し身に着けておきましょう。