【無料体験】オンライン英会話

全21社を徹底比較
おすすめオンライン英会話3選

続きをよむ

【体験談】レアジョブとDMM英会話どっちがおすすめ?両方試して比較してみた

オンライン英会話

オンライン英会話に興味はあるものの、サービスが多すぎて困っていませんか?

とりあえずレアジョブとDMM英会話の2社に絞ったものの、どっちにしようか迷ってしまう人は多いです。

そこで今回は、レアジョブとDMM英会話を両方試したTMさんの口コミ体験談を紹介します。

体験談投稿者:T.Mさん

オンライン英会話で勉強している主婦。アメリカ留学経験あり。

オンライン英会話をはじめたきっかけ

オンライン英会話をはじめた理由は、通学するタイプの英会話教室より安価で、毎日英会話の練習ができるからです。

以前は、NHKのラジオ英会話のテキストや英語の本を音読したりして独学していましたが、やはり実践的な会話がしたくなり、オンライン英会話に興味を持ちました。

オンライン英会話は、レアジョブとDMM英会話を利用した経験があります。

個人的には、レアジョブの方が自分にあっていました。

⇒ レアジョブ無料体験はこちら

レアジョブの体験談

レアジョブを選んだ理由

レアジョブを選んだ理由は、有名なオンライン英会話の会社だったからです。

また、毎日(平日)レッスンを行っても、普通の通学式の英会話学校の月謝金額よりも安かったことから、決めました。

とにかく英語は毎日触れること、口を慣れさせることが大事だと思ったので、価格と時間帯の面から、レアジョブを利用することを決めました。

レアジョブの無料体験について

オンライン英会話の無料体験を受けるのはレアジョブがはじめてでしたが、「こんなもんかな」という印象でした。

正直なところ、素晴らしい先生が多いな、とか、教材に興味をすごくもったとか、かなりここがよかった、というような、思わず誰かに勧めたくなるほどのポジティブな理由というのはありませんでした。

レアジョブは講師がフィリピンの方々ですが、どの先生もそれほど英語のアクセントや話し方に問題があると感じなかったので、ここでいいかな、と思い、その後有料で継続利用に進みました。

⇒ レアジョブ無料体験はこちら

毎日レッスンを受けられるコースを契約

無料体験後は、日常英会話コースの、毎日1レッスン(25分)を受けられるプランを契約しました。

講師は全員フィリピン人で、月額5,800円のプランです。

毎日英会話に触れたかったけれど、いきなり毎日2レッスンはできるかわからないので、とりあえず毎日1レッスンからスタートして、軌道に乗ったら、毎日2レッスンを受けるコースにしたいなと考え、こちらのコースを選びました。

レアジョブ英会話のメリット

レッスン開始15分前に予約をすればよいので、自分の好きな時間帯や、レッスンを受けたいなと思ったら時にすぐ取り組める点が良かったです。

また、少し失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、欧米人に比べて、フィリピンの方と話すのは精神的に気が楽でした。

なので、「英語で話さなきゃ話さなきゃ」というプレッシャーをさほど感じずに、気軽にレッスンを受講することができました。

あと、「フィリピンの先生達ってどんななんだろうな」と、若干不安がありましたが、概してみなさん優しくて、雰囲気がよく、嫌な先生に当たった記憶があまりありません。

レアジョブ英会話のデメリット

全ての講師がフィリピンの方でしたが、雑談タイムになる時、私がこういう趣味がある、という話になっても、その事をあまり知らない方が多いな、という印象でした。

例えば、茶道、だとか、好きな特定のアーティストなど。欧米の先生方なら、そのような文化的な話題でも共通認識できる場合が多いのかなと。

なので、あまりフィリピンの方が知らなそうな話題を出すのではなく、料理とか、ざっくり音楽が好きだとか、相手の方もわかるような話題ふりを心がけました。

DMM英会話の体験談

DMM英会話を選んだ理由

DMM英会話の方は、価格が安価なことに加えて、いろんな国の講師と会話ができるというのが魅力的でした。

無料体験レッスンで講師の国を調べて見た所、実際に、定番のフィリピン以外にも多くの国名が出てきて、興味をひかれました。

また、DMMという知名度のある会社だったので、安心して受講できるかなと思い、そちらを利用することにしました。

DMM英会話の無料体験

100か国以上の講師ということだったので、「国によっては独特の訛りが入ってしまうのでは?」とか思いましたが、実際にやってみると特に問題ありませんでした。

予約方法、キャンセル方法などもスムーズで、講師一覧も見やすく、わかりやすかったです。

講師一覧の写真を見てみると、どの先生方も人の良さそうな、明るい印象を受けました。

オンライン英会話とはいえ一対一の授業なので、なるべく緊張せずにリラックスして話せるところが良かったです。

毎日1レッスン(25分)コースを契約

毎日1レッスン(25分)受けられるコースを契約しました。

ネイティブ講師を選択するのは不可のコースで、月額5,980円のプランです。

DMM英会話では世界100カ国以上の中から講師を選べますが、講師の国が英語ネイティブな場合とそうでない場合があります。

料金をまずはなるべく安くしたいのと、ネイティブ講師にはあまりこだわらなかったので、ネイティブ講師を選択しないで、毎日1レッスン受けるコースを選択しました。

DMM英会話のメリット

海外旅行や海外の様々な文化に触れるのが元々好きなので、まず何より、100カ国以上のあらゆる国から先生を選ぶのが楽しかったです。

あまり馴染みのない国、距離的にかなり遠い国など、どんな国なんだろうと想像しながら選択する楽しみがありました。

レッスンの予約方法が簡単で、キャンセルも一定の時間前までなら可能なのも、とてもありがたかったです。

DMM英会話のデメリット

全体的に、熱心に英語を教えている講師があまり多くないな、という印象でした。

いいアルバイトとしてやっている、というか。

義務的に会話をしているのかも、という講師もいました。

女性講師の場合はその頻度が少なかったので、その後はなるべく女性講師を選ぶ事、気に入った講師を見つけたらその人のことを覚えておくようにしました。

DMM英会話は数か月で退会

数ヶ月継続しましたが、結局退会してしまいました。

退会した理由は、やる気のない男性講師がいたことです。

表面的には話を聞いてはいますが、お小遣い稼ぎ、とりあえず話はする、といった感じの話し方で、英会話云々以前に、全く楽しくなくなってしまい、退会してしまいました。

オンライン英会話のレッスンを受ける際に工夫していた事

単に「英会話をやりたいなー」という漠然とした希望だけでレッスンを受けると、得るところが少ないな、と感じました。

もちろん先生は希望を聞いてくれますが、ビシバシと鍛えてくれる、というのではないので、「なんとなく英語、話したかな?」という程度の結果に終わってしまいます。

対策としては、事前に、自分が英語のどの部分を鍛えたいのか(発音を確認してほしい、英作文を瞬時に作れるようになりたい、英会話での雑談に慣れたい、構文の復習をしたい、など)を把握して、それにあった教材を選んでおくようにしました。

また、英語を話せるようになるには、とにかく場数を踏むことが大事だと思ったので、なるべく時間があればレッスンを受けるようにする、レッスンの予約を入れるようにするよう心がけました。

大抵のレッスンの場合、どんな教材を使うにせよ、ちょっとした雑談タイム、新しい先生なら自己紹介の時間がわずかでもあるので、その時に、どういう自己紹介をしようか、というのは事前に考えてレッスンにのぞみました。

オンライン英会話で成長を実感した点

英語を話す時に、「自分には何が必要なのか」がわかりました。

瞬時に英作文というか、英語で文を作れるようになることが必要だとわかり、それに対応した勉強方法を模索することができるようになりました。

また、英会話であっても、結局、お互いがコミュニケーションをとる意欲があるかどうかが重要なのだと再認識しました。

その為、積極的にこちらから話そうとする姿勢が大事だと思います。

まとめ

オンライン英会話について、いろんな体験談はあると思いますが、値段も安価なところからはじめられますし、まずは挑戦してみて全然損はないです。

また、今はいろんなオンライン英会話の会社があり、選択肢があるので、どんどん無料体験レッスンを利用して見るのだけでも楽しいですし、それだけで英語のモチベーションが上がり、世界が広がるきっかけにもなると思います。

この記事で紹介したオンライン英会話

レアジョブ英会話
月額:4,200円~
無料体験:2回
DMM英会話
月額:5,980円~
無料体験:2回

レアジョブとDMM英会話の料金比較表

サービス名プラン月額ネイティブ講師
レアジョブ25分×毎日5,800円×
DMM英会話25分×毎日5,980円×
DMM英会話
(ネイティブ)
25分×毎日15,800円

※レアジョブには、月額4,200円で月8回のレッスンを受講できるコースもあります。